廃車費用は車販売店と廃車業者のどちらに依頼したほうがお得?

車を廃車にしようと検討している場合、果たして費用はいくらかかるのか不安に感じている人もいるのではないでしょうか。

今までは、廃車にするときは費用を負担する必要がありました。ですから一般的には、廃車するのに費用がかかるという認識があります。

そこで今回は、お得に廃車する方法について紹介します。

中古車販売店やディーラーに廃車を依頼すると費用は高くなる

廃車を検討しているということは、車を買い替えようと考えている人もいるはずです。その際、新しい車を購入するディーラーや中古車販売店で、今まで乗っていた車を引き取ってもらうケースもあります。

このような場合、古い車は中古車販売店もしくはディーラーに処分してもらうことになります。もちろん、まだ中古車として販売できそうな車であれば、下取り価格がつくと思います。

しかし、年式の古い中古車や故障車、事故車などは、中古車として販売するのは難しいケースもあります。その場合、廃車して処分することになります。下取りできないのであれば、これは仕方のないことです。

それでは、ディーラーや中古車販売店に廃車を依頼する場合は、手数料などでいくらかかるのでしょうか。

中古車販売店やディーラーに廃車を依頼する場合

この場合は、廃車にかかる費用としては1~3万円程度が相場になります。ただ、依頼先によって代行手数料などは変わりますから、まくまでも参考価格として考えてください。

たとえば、住んでいる地域に他の廃車業者がたくさんある場合は、価格競争が生じるため、相場や安くなりやすいです。しかし、競合他社が少ない地域では、相場は高めとなります。いずれにしても、業者間で費用は異なるため、それぞれに比較するのは重要なことです。

また、廃車費用のなかに「廃車にする車の運搬費用」も含まれています。たとえば、事故や故障などで車が動かなくなってしまった場合は、お願いをして車を取りに来てもらうしかありません。この場合は、運搬費用がかかります。

しかし、廃車にする車のなかには、何とか自走できる状態のものもあります。この場合は、車を自走して依頼先まで持っていくことをオススメします。そうすれば、運搬費用はかからないため、1~2万円程度は費用を抑えることができます。

廃車するのに費用がかからない業者があるのはなぜ?

前述のとおり、廃車をディーラーや販売店に依頼すると費用がかかります。しかし、廃車を専門で扱っている業者の場合は、依頼するのに費用が掛からないことがあります。

それでは、なぜ廃車専門業者は費用がかからないのでしょうか。

実は、廃車にするような車にも価値があるのです。なぜなら、パーツや部品などを中古品として販売できるからです。たとえば、オーディオ類やタイヤホイール、フェンダーなどです。

業者としては、このような車を引き取れば、部品を売って利益を出すことができます。つまり、業者にとって廃車は商品なのです。ですから、廃車にするような車でも、無料で引き取ってもらえるケースがあります。

しかしながら、ディーラーや販売店は、廃車業者のようにパーツを売って利益に替えるようなノウハウがありません。ですから、中古車としては売れない車を引き取った場合は、廃車にするしかないのです。

当然ながら、廃車には費用がかかります。したがって、廃車をディーラーまたは中古車販売店に依頼すると「廃車費用」がかかることになるというわけです。

廃車で利益を得ることができる理由

前述のとおり、業者によっては廃車にするような車でも利益を出すことが可能です。その理由として、以下のことが考えられます。

廃車にも価値がある理由

  • パーツなどを分解して中古品として流通させる
  • そのまま中古車として海外のバイヤーに売る
  • 鉄スクラップを資源として売る
  • 廃車にしたときの還付金(自動車税や自賠責保険料など)で受け取る

このように、一見価値がないように思える車でも、販売ルートによっては商品になります。たとえば、日本では売れない「走行距離15万kmの車」でも、海外ではそのまま中古車として販売することができます。東南アジアなどでは、修理を繰り返して100万kmになるまで乗り続けることも珍しくありません。

また、最終的に鉄スクラップになったとしても、それには「資源」としての価値があります。実際のところ、業者間では鉄スクラップの取り引きが行われています。

また、あまり認知はされていませんが、車を廃車にすると還付金が受けられます。ですから、依頼された業者は、還付金を受け取る権利があるということになります。このような方法でも、廃車業者は利益を得ています。

おわりに

これらの理由から、廃車には十分な価値があることを理解できるかと思います。したがって、廃車にするときは、「費用がいくらかかるのか?」ということを気にするのではなく、「どこで買い取ってもらうか」という考え方を持っておくべきです。その上で、車をどこに引き取ってもらうかを検討してください。

依頼先によっては、手数料などの費用を請求されることもあります。ただ、「廃車にも価値がある」という考えのもと、段取りを進めるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。