廃車にするときの車庫証明の取り消し手続き

車を新しく購入したときや、引越しなどで住所が変わったときは、車庫証明を新しく取得することになります。車庫証明とは、「車を保管する場所をきちんと確保していることの証明」になります。車庫証明の取得は、法律で義務づけられています。

車庫証明書を取得するには、駐車場(自動車の保管場所)のあるところを管轄する「警察署」で手続きを行います。

しかし、車を廃車にして、駐車場が必要なくなったときは、車高証明をどうすれば良いのでしょうか。

そこでこのページでは、車庫証明を取り消すときの手続き方法について解説します。

車高証明書を取得するときの方法

車庫証明を取得するときの方法について紹介します。車高証明書を取得するには、以下の条件があります。

駐車場の条件

  • 車の所有者の住所と駐車場を結ぶ直線距離が2km以内であること
  • 駐車場への出入りが問題なくできること
  • 車全体が駐車場の枠内に収まること
  • 駐車場として認められた場所であること

車高証明を取得するには、これらの条件を満たしている必要があります。

申請は管轄の警察署で行います。まずは警察署に行って、以下の必要書類をもらいましょう。

車庫証明の申請書類(警察署でもらえるもの)

  1. 自動車保管場所証明申請書
  2. 保管場所標章交付申請書
  3. 保管場所の所在図
  4. 保管場所の配置図

これらの書類にすべて記入するには、それなりに時間がかかります。ですから、警察署で書類をもらったら一度持って帰ってきて、自宅で必要事項を書きましょう。

さらに、駐車場を使えることを証明するための書類が必要になります。駐車場を借りる場合は、管理会社または大家さんから「保管場所使用承諾書」をもらいます。また、持ち家の土地内に駐車場を設ける場合は、「保管場所使用権原疎証明書(自認書)」が必要になります。

保管場所使用承諾書は、借り主に手渡すために用意されている場合もあります。それがなかったとしても警察署でもらえますから、それに記入してもらえば大丈夫です。また、自認書も上記書類と一緒にもらえるので大丈夫です。

これらの書類をすべて記入したら、再び警察署に行って窓口に提出します。ただ、車庫証明書はその場では交付されません。それまでには3~7日程度かかります。ですから、交付された車庫証明をもらうために、もう一度警察署に出向くことになります。

警察署に出向くタイミング

  1. 申請書類をもらいにいくとき
  2. 必要書類を提出するとき
  3. 交付された車庫証明書を取りに行くとき

したがって、車庫証明を取得するためには、合計で3回警察署に行くことになります。少し手間はかかりますが、代行業者に依頼をすると、1~2万円程度は手数料としてかかります。ですから、申請に時間を取れる人は、車庫証明を自分で取得してみましょう。

引越しで駐車場が変わった場合はどうする?

引っ越した場合は、そこで借りる駐車場を探しましょう。その建物に駐車場があれば良いのですが、別で探すことになるかもしれません。駐車場が見つかったら、新しい住所地で新たに車庫証明を取得する必要があります。さらに、車庫証明を取得したら、車検証の住所変更も忘れずに行ってください。

引越し先で車庫証明を取得するときは、上記の流れのとおりに進めれば大丈夫です。申請場所は、「住所地を管轄する警察署」になりますから間違えないように気をつけてください。

ちなみに、車検証の住所変更は、引っ越してから15日以内に行うことになっています。つまり、車庫証明もそれまでに申請する必要があります。ただ、車庫証明には少し時間がかかるため、引越しをしたらできるだけ早く取得する必要があります。

車庫証明を新たに取得すると、旧住所地の車庫証明は自動的に抹消されます。ですから、とくに取り消しの手続きは必要ありません。

車を売る場合

ちなみに、車を売る場合も同様で、取り消しの手続きは必要ありません。新しい中古車のオーナーが車庫証明を取得した時点で、あなたが使っていた駐車場の車庫証明は消滅します。

廃車時の車庫証明の扱い

それでは、車を廃車にしたときはどうすれば良いのでしょうか。

この場合は、車高証明を取得した警察署に行って、「車庫証明の抹消手続き」が必要になります。

車を解体して「永久抹消登録」した場合、登録事項証明書を取得します。これは、新車登録したときから変更された内容がすべて記録された書類です。この書類を用意すれば、車庫証明を取り消すことができます。

また、一時抹消登録の場合は、「一時抹消登録証明書」が発行されます。この書類のコピーを警察署に持っていけば、過去に登録された車両は抹消されます。そのため、新たに車庫証明を取得することができます。

車庫証明の抹消・取得方法まとめ

ここまでの説明で、車庫証明の取得方法と取り消し方法について理解できたかと思います。

車庫証明は、自動車の保管場所を用意してあることを証明するためのものです。ですから、車を購入したり、引越しで住所が変わったりした場合は、車庫証明を必ず取得する必要があります。

その際、司法書士や販売店に代行で取得してもらうことも可能です。しかし、手数料として1~2万円程度かかります。手続きにできるだけお金をかけたくないという人は、自分で車庫証明を取得することもできます。そうすれば、かかるのは法定費用だけで済みます。今後、車庫証明にかかわる手続きが必要な機会は何かとあると思います。これを機に、自分で取得してみるのも良いかもしれません。

コメントは受け付けていません。