車を廃車にするか売却するかの基準とは?

車を手放すときに、売ろうか廃車にしようか悩んでいる人もいるかと思います。たとえば、どのタイミングで廃車にすればいいの? 修理して乗り続けたほうが得なのか?など、さまざまな疑問が出てきます。

そこで今回は、廃車を決める基準について解説します。ここで紹介する基準を参考して、今の車をどう手放すかを検討してみてください。

廃車を判断するときの基準

それでは早速、廃車の基準について説明します。ただし、注意してほしいのは、以下で紹介する基準はあくまでも目安だということです。ですから、ここでの基準を参考にして、あなたにとってどうするのがメリットかを良く考えてみてください。

走行距離をチェック

廃車の一番の基準になるのが走行距離です。廃車を検討するのは、走行距離が20万kmを超えてからです。20万km未満で、まだ走行可能な場合は、廃車よりも売却を検討しましょう。

しかし、20万kmを超えると、不具合や故障が多発するころです。また、その車を売ろうとしても、買値がつくどころか、処分費用を請求されるケースもあります。そうなると、いよいよ廃車を検討するころになります。

車のコンディションによっては、修理などがまだ可能かもしれません。しかし、その修理費があまりにも高額だったり修理頻度が多かったりする場合は潮時かもしれません。古い車を維持するにはコストがかかりますから、車を新しく買い替えたほうが得なこともあります。

ただし、たとえば、5年間で20万km走行した車の場合は考え方が違います。この場合、確かに20万km走行した過走行車であることは間違いありません。

しかし、年式を見ると5年落ちですから、まだ比較的新しい部類に入ります。このような車は過走行車でも買値が付く可能性は十分に考えられます。ですから、まずは買取業者に査定してもらうことをオススメします。

修理費や車検費用をチェック

次に基準となるのが修理費用です。車は消耗品ではありますが、修理をすれば、どれだけでも乗り続けることができます。たとえば、海外へ輸出された日本の中古車は、修理を繰り返して100万kmになるまで走行することもあるそうです。

ただ、修理が可能でも、それにかかる費用にも注目するべきです。たとえば、修理や車検のたびに数十万円の費用がかかっていたらどうでしょうか。また、修理が頻発したらどうでしょうか。

それを考えると、かなりの出費になると思います。車のメンテナンスに毎回数万~数十万円かかるようなら、中古車でもコンディションの良いものに買い替えたほうが確実に得だと思います。

したがって、廃車にする基準としては、「修理や車検にかかる費用が高額になったタイミング」ということになります。愛着のある車ですから、「まだ修理すれば乗れる!」と考えるかもしれません。もちろん修理を繰り返して乗り続けるのもいいと思います。ただ、コストや安全面を考えると、買い替えも検討してみる必要がありそうです。

これだけ修理費がかかる車ですと、買取業者としても扱いにくくなります。ですから、まだ動いたとしても、買値がつく可能性は低いです。もし車が売れなかったら、あきらめて廃車にしましょう。

交換部品が生産終了したとき

車が新しいモデルに生まれ変わるにつれて、部品も徐々に新しく変更されます。したがって、古い車種の部品というのは、少しずつ生産されなくなるのが実情です。ですから、修理が可能だとしても、それに必要な部品が手に入らないとなると、修理をあきらめるしかありません。この場合も、廃車の判断基準になります。

ただ、なかには生産が終了した部品でも、特注で作ってもらっている人もいます。このような人は、車に特別な愛着があるのでしょう。ですから、部品の生産が終わっても、完全に修理が不可能になるわけではありません。

しかし、この場合は、部品を特注するのですから、コストはかなり高額になります。ですから、ある意味では、古い車を維持するのは贅沢なことかもしれません。

「さずがにそこまでして乗り続けるつもりはない」と考えるのであれば、潔く手放すのが賢明だと思います。

全然乗っていない車

全く乗らずに放置されている車もあるかと思います。この場合も、いつまでも車を所有していても意味がありませんから、きっぱりと手放しましょう。そのような車のなかには、まだ良好なコンディションを保っている車もあります。場合によっては売れる可能性もあるため、できるだけ早く手放すことをオススメします。

また、廃車手続きをせずに放置しているのであれば、乗らない車の税金を払い続けていることになります。これは非常にもったいないことです。

ですから、そのような車は一度買取業者に査定をしてもらうと良いです。ただ、年式の古い車は故障のリスクも高いため、買い取ってもらえない可能性もあります。その場合は、廃車にするのが妥当です。

ただ、廃車にも費用がかかります。ですから、どこのお店が一番安く引き取ってくれるかを比較するのも大切なことです。

廃車の前に買取業者で査定

ここまで、廃車にするときの基準について解説してきました。

明らかに廃車しか選択肢がない場合は別ですが、それ以外のケースでは、まず買取業者に査定をしてもらうのが重要です。古い車にどれだけの値段がつくかわかりませんが、車種やコンディションによっては思いのほか高値がつく可能性もあります。

ほとんどの買取業者は無料で査定をしてくれますから、あなたにとってリスクはありません。それに買値が付けば、それが一番得な方法です。

ただ残念ながら、買い取ってもらえない車もあるのは事実です。そのような場合は、やはり廃車することを検討する必要があります。しかしながら、廃車にするような車でも無料で引き取ってくれる業者はあります。場合によっては、買い取ってくれる廃車業者もあります。

ですから、古い車を手放すときは、値段をつけて買い取ってくれる業者を根気よく探してみてください。そうすれば、新しい車の購入費用の充てにできるかもしれません。

コメントは受け付けていません。