一時抹消登録した廃車車両を再登録する方法と必要書類

永久抹消登録と一時抹消登録の違い

廃車手続きには、解体して完全に使えない状態にする永久抹消登録があります。しかし、一時抹消登録の場合は、車を解体するわけではありません。登録上は抹消されますが、再登録を行えば、また公道を走らせることができます。

転勤や病気などで長期間その車を使わないようであれば、一時抹消登録を行い、車をその間保管しておくことが可能です。

廃車と聞くと、どうしてもスクラップ(鉄くず)にするイメージがあります。しかし、廃車とは、あくまでも車両の登録を廃止するときの手続きになります。

  • その車が解体されずに再登録できる状態の場合は「一時抹消登録
  • 解体されて再登録することが不可能な状態は「永久抹消登録

このように、同じ「廃車」手続きですが内容はまったく異なります。これら2つの手続きの違いをしっかりと理解しておいてください。

中古車新規登録とは?

一般的には、一時抹消登録をするケースは少ないかもしれません。しかし、中古車販売店などは、一時抹消登録を良く利用します。

在庫として抱えている中古車は、その間、販売店の所有物になります。ですから、中古車は在庫として置いてある間も自動車税などがかかってしまいます。販売店としては、在庫中古車の税金をすべて支払うのは非常にリスクになります。

そこで、在庫中古車はすべて一時抹消登録をするのです。そうすれば、在庫として置いてある間は自動車税などがかからないからです。こうして販売店は、できる限り経費を削減しています。

ただ、一時抹消登録した車両は、再登録をすれば、また使えるようになります。ですから、その中古車に買い手がついた時点で、所有者を買い手に名義変更をして再登録をするのです。このときの手続きを「中古車新規登録」といいます。

中古車新規登録(一時抹消登録した車の再登録)の方法

中古車新規登録の手続きは必要な書類が多いため、少し複雑になります。ただ、個人で手続きを行うことも可能です。

ただ、その際、ナンバープレートがついていない状態になりますから、仮ナンバーを取得したり、自賠責保険に加入したり、さまざまな手続きが必要になります。ですから、中古車新規登録をする場合は、手続きの流れをしっかり理解したうえで進めるようにしましょう。

「廃車にした車を再登録する」というイメージになると思います。しかし、一度登録上は抹消されているわけですから、新規で車両登録を行うのと同じことになります。

また、再登録するだけでなく、新たに車検も通す必要があります。再登録だけしても、公道を走らせることはできません。さらに、運輸支局で「仮ナンバーの取得」を行ったり、「自賠責保険の加入」を行ったりする必要もあります。

このように、中古車新規登録には、他のさまざまな手続きが関係します。ですから、進め方を理解しておくことが非常に大切です。

一時抹消登録した車を再登録するときの流れは、以下のとおりです。

【中古車新規登録の流れ】

  1. 車庫証明書を取得する(警察署)
  2. 自賠責保険へ加入する(保険会社)
  3. 中古車新規登録を申請する(管轄の運輸支局)

 

中古車新規登録をするときは、以下の書類が必要になります。

【中古車新規登録の必要書類】

  • 申請書
  • 手数料納付書
  • 自動車検査証
  • 定期点検整備記録簿
  • 譲渡証明書(一時抹消登録したときと再登録するときの所有者が変わる場合)

これらの書類は運輸支局でもらえます。また、それと一緒に以下の書類も用意しましょう。

【自分で用意する書類】

  • 自賠責保険証明書
  • 一時抹消登録証明書
  • 自動車重量税納付書

※車の所有者と使用者が異なる場合

この場合は、「所有者の実印と印鑑証明書」「委任状」「使用者の実印、印鑑証明書、住民票」が必要になるので注意してください。

 

これで「中古車新規登録」の申請が完了します。その次に、「仮ナンバーの取得」を管轄の運輸支局で行いいます。なぜなら、車検を受けるために車両を運輸支局に持ち込む必要があるからです。キャリアカーで運んでもらう場合は必要ありませんが、それ以外は仮ナンバーを用意してください。

仮ナンバーとは、「白いプレートに赤の車線が入ったもの」になります。仮ナンバーの申請は、自治体の市区町村役所で申請手続きができます。また、中古車新規登録のときに合わせることもできます。

【仮ナンバー取得の必要書類】

  • 運転免許証
  • 印鑑
  • 仮ナンバー申請手数料
  • 一時抹消登録証明書

 

仮ナンバーが交付されたら、それを一時抹消登録している車に取り付けます。そして、車検を受けるために管轄となる運輸支局に再登録する車を持ち込みます。

その際、自賠責保険には加入していても、任意保険には加入していない状態になります。ですから、運転には十分に注意してください。

これで車検に通れば、ナンバープレートが正式に交付されます。さらに、新しい「自動車検査証」と「定期点検整備記録簿」が発行されると、中古車新規登録に関わる手続きはすべて完了したことになります。

コメントは受け付けていません。