廃車手続きに必要な書類を徹底リサーチ!

車を廃車にする際、手続きにはどのような書類が必要になるのでしょうか。

廃車に必要な書類は、手続きの種類によって異なります。ここでは、廃車手続きの必要書類について詳しく解説します。

廃車手続きについて理解しよう

実は、廃車手続きと一言でいっても、さまざまな種類があります。

●永久抹消登録

文字どおり、車を完全に解体(スクラップ)にして、二度と使えない状態にすることです。

●一時抹消登録

一時的に自動車登録を消して、車を使えない状態にします。しかし、再登録を行えば、車は再び使えるようになります。

●輸出抹消登録

車を輸出する場合に行う手続きです。登録を消すことになるため、その車を日本国内で使うことができなくなります。

永久抹消登録手続きの必要書類

まずは永久抹消登録の手続きに必要な書類から確認しましょう。

【永久抹消登録の必要書類】

  • 所有者の委任状
  • 所有者の印鑑登録書 ※発行3ヵ月以内のもの
  • 自動車検査証(車検証)
  • ナンバープレート(前後2枚)
  • 「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き
  • 永久抹消登録申請書
  • 手数料納付書
  • 自動車税・自動車取得税申告書 ※不用な場合もあります

これらの書類について、さらに詳しく見てみましょう。

所有者本人が申請を行い、なおかつ実印がある場合は、「委任状」は必要ありません。また、書類のなかには、運輸支局で手に入るものもあります。

ちなみに、車を盗難されてナンバープレートがない場合は、「理由書」が必要になるので注意してください。

「解体報告記録がなされた日」に関しては、リサイクル業者から渡される書類に書かれています。また、「移動報告番号」はリサイクル券に書かれているのでチェックしておきましょう。

車検証にある所有者と印鑑登録書の住所が異なる場合

廃車にするときは、車検証と印鑑登録書の住所がいっしょである必要があります。これが同じでないと、廃車を行う人が車の所有者であることを証明できないからです。しかし、引越しなどで住所が変わっている場合、これらに書かれている住所が異なることがあります。

その場合は、住民票(発行から3ヵ月以内のもの)が必要になります。ただ、複数回引越しをしている場合は、「複数枚の住民票」もしくは「戸籍の附票」が必要になります。車検証と印鑑登録証に書かれている住所を確認して、異なるようなら、これらの書類を用意しましょう。

車検証にある所有者と印鑑登録書の氏名が異なる場合

また、結婚などで籍が変わった場合、名前が変わっていることもあります。その場合は、過去の氏名から現在の氏名に変わったことを証明する必要があります。そのときに必要なのが「戸籍謄本」です。これも発行から3ヵ月以内のものしか有効ではないので注意してください。

車検が1ヵ月以上残っている車を廃車にする場合は、重量税が還付される

車検が1ヵ月以上残っている場合は、自動車重量税が還付されます。ただ、必要な書類が別途ありますから、以下で確認しておきましょう。

  • マイナンバーカードまたはマイナンバー通知カード
  • 振込み用銀行の情報(キャッシュカードまたは通帳)
  • 委任状 ※所有者の署名・印鑑が必要になります
  • 代理人の身分証明書 ※代理人申請の場合
  • 代理人の印鑑 ※代理人申請の場合

一時抹消登録手続きに必要な書類

一時抹消登録の必要書類は、以下のとおりです。

【一時抹消登録の必要書類】

  • 所有者の印鑑証明書 ※発行3ヵ月以内のもの)
  • 所有者の委任状 ※所有者の署名と実印が押してあるもの)
  • 自動車検査証(車検証)
  • 一時抹消登録申請書
  • 手数料納付書
  • 「解体報告記録がなされた日」と「移動報告番号」のメモ書き
  • 自動車税・自動車取得税申告書 ※不用な場合もあります

手続き当日に運輸支局で手に入る書類もあります。

所有者が申請を行い、なおかつ実印が押されている場合は、委任状は必要ありません。また、車を盗難された場合は、ナンバープレートがないと思います。その場合は、「理由書」が必要になるので注意しましょう。

車検証にある所有者と印鑑登録書の住所が異なる場合

廃車にするときは、車検証と印鑑登録書の住所がいっしょである必要があります。これが同じでないと、廃車を行う人が車の所有者であることを証明できないからです。しかし、引越しなどで住所が変わっている場合、これらに書かれている住所が異なることがあります。

その場合は、住民票(発行から3ヵ月以内のもの)が必要になります。ただ、複数回引越しをしている場合は、「複数枚の住民票」もしくは「戸籍の附票」が必要になります。車検証と印鑑登録証に書かれている住所を確認して、異なるようなら、これらの書類を用意しましょう。

車検証にある所有者と印鑑登録書の氏名が異なる場合

また、結婚などで籍が変わった場合、名前が変わっていることもあります。その場合は、過去の氏名から現在の氏名に変わったことを証明する必要があります。そのときに必要なのが「戸籍謄本」です。これも発行から3ヵ月以内のものしか有効ではないので注意してください。

車検証が手元にない場合に必要な書類

車検証を紛失してしまった場合は、陸運支局で再発行をしなければいけません。その際に必要な書類は、以下のとおりです。

【車検証の再発行に必要な書類】

  • 身分証明書
  • 理由書
  • 自動車検査証再交付申請書 ※運輸支局でもらえます
  • 住民票 ※住所が変わっている場合
  • 印鑑証明書 ※氏名が変わっている場合
  • 手数料納付書
  • 手数料
  • 印鑑 ※認印可

これらの書類を用意して、陸運支局の窓口で再申請しましょう。そうすれば、その場で車検証が再発行されます。

リサイクル券の再発行

車を売ったり廃車にしたりするときは、「リサイクル券」が必要です。これらは、自動車リサイクル料金の領収書のようなものです。

ただ、リサイクル券を紛失してしまったという人もいるかと思います。その場合は、自動車リサイクルシステムのホームページより、「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷してください。リサイクル券は再発行できませんが、これがその代わりになります。

まとめ

ここまで、廃車手続きに必要な書類について説明してきました。

必要な書類は、どの廃車手続きを行うかによって異なります。ですから、まずはどの手続きを行う必要があるのかを確認しましょう。その上で、上記の内容を参考にして、必要書類の準備を行いましょう。

コメントは受け付けていません。