廃車手続き「永久抹消登録」と「一時抹消登録」の違いを解説

廃車と聞くと、「車を解体する」ことをイメージするかと思います。しかし、廃車手続きは主に2つの種類に分けることができます。

廃車手続きには、「永久抹消登録」と「一時抹消登録」があります。どちらも廃車手続きですが、意味はまったく異なります。

そもそも車を公道で走らせるためには「車両登録」が必要です。登録をすることでナンバープレートが交付され、初めて公道を走らせることができます。そして、「廃車」とは、この車両登録を抹消することを意味します。ですから、「廃車=解体」とは限らないということです。

ここでは、廃車手続きについて詳しく解説します。

永久抹消登録と一時抹消登録の違い

永久抹消登録

これは文字どおり、「車を解体して登録を抹消すること」です。ですから、永久抹消登録をすると、その車には二度と乗ることはできません。

一時抹消登録

一時抹消登録とは、「車の登録を抹消すること」です。つまり、この手続きの場合は、車を解体することはありません。あくまでも登録上の廃車になります。ですから、再登録を行えば、その車を再び公道を走らせることができます。

 

これらの手続きの大きな違いは、「車を解体するかしないか」ということです。車の形も登録も消すのを「永久抹消」といい、登録上のみ消すのを「一時抹消」といいます。どちらも廃車手続きに代わりはありませんが、意味合いはまったく異なります。この違いはきちんと理解しておいてください。

永久抹消登録について

この手続きが、いわゆる一般的に使われている「廃車」のことです。永久抹消登録は、さらに「解体」と「滅失・用途廃止」の2つに分けることができます。

永久抹消登録「解体」

これは、車自体を解体して存在を消すことを意味します。この手続きを進めるためには、その車を完全に解体していることが条件となります。解体をするとスクラップ工場などで解体証明書を発行してもらえます。これは、その後の手続きに必要な書類です。

永久抹消登録「滅失・用途廃止」

この手続きは、盗難などで車がなくなってしまったときや、もう再び乗ることはないときの手続きになります。また、災害などで土砂に埋もれたり、津波で海に流されてしまったりした場合も、この手続きが必要になります。これが「滅失」になります。

車として公道を走らせることはない場合でも、倉庫に保管したり、展示したりするケースもあります。このときに行うのが「用途廃止」の手続きです。

たとえば、アメリカ製のキャンピングカーやトレーラーなどを、家代わりに使っているのをテレビなどで見たことはないでしょうか。あのようなものは車としての役割は終わったものの、別の用途で使われています。ただ当然ながら、車としての税金や保険は必要ないため、登録を抹消する必要があるのです。

この場合、一時抹消登録のように車としての形はまだあります。しかし、この先どれだけ修理を行って動く状態になったとしても、「永久抹消登録」しているので再び公道を走らせることはできません。

なお、これは日本の法律上の話です。たとえ日本で永久抹消登録したとしても、海外は別です。海外はそこの法律が適用されますから、日本で廃車にしたくるまでも、また使うことができます。

たとえば、東南アジアやアフリカ、ロシアなどでも日本の中古車が非常に人気です。テレビなどでも日本車が走っている映像を良く見かけます。これらの車は、日本で永久抹消登録された後、専門業者によって海外へ輸出されたケースです。

このように、永久抹消登録された車でも、海外に持っていけば使用することができます。ちなみに、輸入業者は日本で安い中古車を仕入れ、それを海外に持っていって高値で売ることで利益を得ています。それだけ中古の日本車は海外で人気が高いということです。

一時抹消登録について

一方、一時抹消登録は、ナンバープレートを外して一時的に使えない状態にすることです。つまり、「登録上だけ廃車にする」という意味です。

一時抹消登録されている間は、その車で公道を走ることはできません。しかし、登録を抹消しただけですから、再び車両登録すれば公道を走らせることができます

たとえば、海外転勤や単身赴任などで、長期に渡って車を使わなくなることがあります。しかし、「戻ってくれば、また車を使う」という場合に、一時抹消登録をします。

これをすることで、乗らない間の自動車税や自賠責保険料、自動車重量税を払わなくて済むのです。つまり、一時抹消登録とは、「車に乗らない間の税金をかからないようにする手続き」ということが言えます。

税額は車種や排気量によって異なりますが、年間で数万円になります。車に乗らないのにも関わらず、税金を払い続けるのは無駄としか言いようがありません。しかし、一時抹消登録さえすれば、乗らない間は税金がかかりません。

仕事上のことでなくても、たとえば長期の入院などにも当てはまります。いずれにしても、しばらく車に乗らないことが確定している場合は、一時抹消登録しておくことをおすすめします。

廃車手続きのまとめ

ここまで、廃車手続きの違いについて解説してきました。

廃車と一言でいっても、手続きの種類はさまざまです。廃車の理由によって必要となる手続きはことなります。ですから、それぞれの手続きはどのようなケースで必要になるのかをしっかり理解しておくことが重要です。その上で、必要なものを揃えて準備を進めましょう。

コメントは受け付けていません。