車を廃車するときの取り外して良い部品と悪い部品をチェック

車を廃車するときに、カーナビなどでまだ使える部品も一緒に処分するのはもったいない気がします。その場合、部品やパーツだけ取り外しすべきでしょうか。それとも、そのまま廃車したほうが良いのでしょうか。

このページでは、廃車時のパーツの取り外しについて解説しようと思います。

カーナビやETCは取り外すべき?

廃車するときに取り外しておきたいと考えるのが、カーナビなどのオーディオ類やETCなどではないでしょうか。

新しく中古車に買い替える場合でも、取り外した部品を付け替えるほうが無駄な費用がかからないように思えます。また、車を買い替えない場合でも、その部品自体を中古品として売れば、お金に換えられる可能性があります

そう考えると、可能な限り部品は取り外しておいたほうがいいように思えるかもしれません。確かに、部品として売れたり、次の車に取り付けたりすれば、無駄な費用がかかりません。

しかし、メーカーの純正ナビの場合は注意が必要です。なぜなら、純正ナビは取り外しても、ほかの車種に取り付けることができないからです。また、取り外し工事も比較的大がかりになるため、工賃が高額になることがあります。その場合、ナビを取り外すことは、かえってデメリットになってしまいます。

ただ、後付けのカーナビやオーディオは比較的簡単に取り外すことができます。もちろん自分で取り外せないようなら、業者に依頼すれば外してくれます。知識がないと機器を壊してしまう可能性もあるため、専門店にお願いをしたほうが良いと思います。

しかしながら、カーナビやオーディオを取り外すには工賃がかかります。依頼するお店にもよりますが、5,000~10,000円程度が相場になります。

ですから、工賃をかけてでも取り外すメリットがあるのかをしっかり見極めなければいけません。たとえば、10,000円かけて取り外したカーナビが、5,000円で売れたとします。しかし、この場合は、結局は5,000円も損したことになります。

また、車を買い替える場合、新しい車にカーナビやETCがすでについている可能性もあります。その場合、前の車から取り外す意味がなくなります。

ですから、カーナビなどの部品類を取り外したほうが得をするのかを良く考える必要があります。取り外すほうがかえって費用が高くなるようなら、少しもったいない気もしますが、機器を付けたまま廃車にしたほうが結果的には得をします。

また、少し費用が高くなっても、新しい商品を買えば最新機能のものが手に入ります。とくにオーディオ系の機能は日々進化していますから、車を買い替えるタイミングでカーナビなどを新しくグレードアップするのも良いと思います。

廃車時にナンバープレートはどうするの?

なかには、「愛車のナンバープレートを取っておきたい」と考える人もいるかと思います。その場合、ナンバープレートを思い出としてもらうことはできるのでしょうか。

結論から言うと、ナンバープレートをもらうことはできません。なぜなら、廃車手続きをするときに、ナンバープレートは陸運局に必ず返納しなければいけないからです。たとえば、取り外したナンバープレートを別の車に取り付けて、きちんと登録せずに車を走らせるケースもあります。もちろん、これは違法です。

このような犯罪を防ぐためには、ナンバープレートは必ず返すことになっています。これをしないと正式に廃車手続きは終えることはできません。

ちなみに、廃車手続きのときは、自分でナンバープレートを取り外すことになります。その際は、封印(ナンバープレートを止めているネジを隠してある部分)を外します。マイナスドライバーなどが便利です。なかにあるネジはプラスドライバーで簡単に外すことができます。

廃車するときに外してはいけない部品とは?

不用になった車から部品を取り外して、そのパーツを中古品として売ろうと考えている人もいるかもしれません。

後から自分でつけたパーツに関しては自由に取り外すことができます。しかし、純正品に関しては、分解して勝手に取り外すことは問題です。基本的に、廃車する車の部品を解体業者の許可なしに取り外すのは違法になるからです。なぜなら、車の解体は「許可業者」しか認められていないからです。したがって、勝手に解体して部品を取り外すことはできません。

もし取っておきたい部品がある場合は、解体業者に相談してみましょう。費用は多少高くなるかもしれませんが、希望どおりに部品を取り外してくれるかもしれません。

実際のところ、解体業者や廃車業者も使える部品は取り外して、中古品として売って利益を得ているからです。ですから、業者にとっても、使える部品を取り外すことは良くあるのです。

ただ、後になってから依頼すると、かえって費用が高くなることもあります。ほしいパースがあれば、最初の段階で申し出るようにしましょう。そうすれば、後になってトラブルになることもありません。

おわりに

このように、車を廃車するとき、取り外して良い部品と取り外してはいけない部品があります。その違いをしっかり理解しておいてください。

また、カーナビやETCなどを取り外すときでも、それにかかる工賃のことも考える必要があります。取り外した部品が中古品として売れたとしても、工賃のほうが高くついてしまう可能性もあります。また、新しい車にカーナビなどがすでに装着されていれば、そもそも取り外す意味がありません。

ですから、パーツを取り外すときは、そのメリットとコストを比較することが大切です。その上で、部品を取り外すべきかを検討しましょう。

コメントは受け付けていません。