所有者名義が自分以外の車を廃車にする方法と手順

車を購入した際、ディーラーや販売店などでローンを組むことがあります。その場合、車を購入したのはあなたですが、所有者はローン会社またはディーラーになっていると思います。

また、知り合いから車を譲り受けた際、名義変更をせずにそのままにしている場合も、所有者はあなたではありません。

このように、実際にあなたが車を使っていても、車検証の「所有者欄」が他の人(機関)になっていることがあります。つまり、登録上、その車はあなたの物ではないということになります。

当然ながら、そのような車を勝手に廃車にすることはできません。他人名義の車を廃車にするには、まずその所有者から廃車にすることの承諾を得る必要があります。その上で必要な書類を用意し、廃車手続きを進めます。

ここでは、他人名義の車を正しく廃車にする方法について詳しく解説します。

車の所有者が家族、知人、友人になっている場合

車を家族や友人から譲り受けて乗っている人もいるかと思います。本来であれば、譲り受けたときに、車の所有者をあなたに変更する必要があります。ただ、そのこと知らずに、前の所有者になっているまま車に乗っていることがあります。

その場合、正式には、車の所有者はあなたではありません。ですから、廃車にするときは、所有者の許可が必要になります。その際に、必要な書類は以下のとおりです。

  • 所有者(家族、友人、知人など)の実印
  • 所有者の印鑑証明書
  • 委任状
  • 譲渡証明書

これらの書類を用意して、まずは車の所有者をあなたに変更する必要があります。そうすれば、廃車にするかはあなたの自由です。

実印と印鑑証明書は、不動産の取り引きにも使います。つまり、車の名義変更はそれだけ重要な手続きということが言えます。非常に重要なものなので大切に取り扱うようにしてください。

これらの書類で名義変更を行うと、車の所有者はあなたになります。その後は、通常の廃車手続きに従って進めれば大丈夫です。

車の所有者が亡くなっている場合

たとえば、亡くなってしまった家族が乗っていた車を処分しなければいけないケースも考えられます。この場合も、名義の違う車を廃車にすることに変わりはありません。

このようなケースでは、はじめに車の相続を行う必要があります。相続手続きは、運輸支局で行うことができます。ただ、その際に、以下の書類が必要になります。

相続手続きに必要なもの

  • 遺産分割協議書
  • あなたの戸籍謄本
  • 車の所有者(亡くなった方)の戸籍謄本
  • あなたの印鑑証明書
  • あなたの実印

ちなみに、相続する人は複数人いても構いません。ただし、その場合、相続する人全員の「戸籍謄本」と「印鑑証明書」「実印」が必要になります。それは非常に手間がかかるため、相続するのは1人のほうが良いです。

この手続きをすれば、車の所有者をあなたに変更することができます。そのあとは、通常どおり、廃車の手続きを進めてください。

軽自動車の場合

なお、軽自動車の場合は、「相続手続き」をする必要はありません。その場合は、名義変更をして、そのまま廃車手続きを行えば大丈夫です。

車の所有者が不明な場合

たとえば、あなたが土地の管理人だった場合、その私有地に放置された車の処分に困ってしまうケースも稀にあります。その場合、車の所有者も不明ですし、どのように処分すれば良いのか困ってしまいます。

このような場合でも、他人名義の車の廃車手続きを勝手にすることはできません。このように、私有地に放置されてしまった車に困っている場合は、警察に連絡するのが一番です。

そもそも放置された車をあなたの処理する義務はありません。その場合は、警察や自治体に任せてしまったほうが賢明です。

車検が切れて5年経つと、その車の登録は強制的に抹消されます。

車の所有者がローン会社またはディーラーになっている場合

所有者が自分になっていないときは、このケースが一番多いと思います。

車をローンで購入した場合、完済するまでは車の所有者が「ローン会社」または「ディーラー」になっています。これは、ローンの返済が滞ってしまった場合、最終手段として、車を取り返すことができるようにするためです。

この場合、そのままでは廃車にすることはできません。そのときは、以下の手順で手続きを進める必要があります。

  1. ローンを完済する
  2. 所有者をあなたに変更する
  3. 廃車手続きを行う

大前提として、車を廃車にするときは、「自分名義」であることが条件です。そのため、ローン返済中の場合は、残りを完済して、あなたに名義変更する必要があります。そうして初めて、廃車手続きを行うことができるのです。

なお、交渉次第では、ローンを完済する前に廃車手続きを行うことも可能です。それが認められれば、ローンを完済するまで廃車のタイミングを待たなくて済みます。つまり、すぐに廃車にすることができます。

ただし、当然ながら、その後にローンはすべて返済する必要があります。廃車にしたからといって、ローンがなくなるわけではありませんから、間違えないようにしてください。

まとめ

このように、名義が違う車を廃車にする場合は、大前提として、あなたに名義変更する必要があります。あなたに名義を変更できれば、あとは廃車にしようが売ろうが勝手です。

所有者が誰かによって手続きの進め方は異なるため、上記の説明を参考にしてください。

コメントは受け付けていません。