廃車前に名義変更が必要な場合の手続き方法

車を廃車するときは、抹消登録という手続きが必要になります。車の所有者が「親」または「友人」など、譲ってくれた他の人になっている場合は、廃車手続きは通中のときと異なります。

車検証を見ると、「所有者」の欄と「使用者」の欄が分かれています。それぞれ名義が異なる場合は、名義変更をして廃車することになります。この手続きを「移転抹消」といいます。

そこでこのページでは、移転抹消の手続き方法について説明します。

廃車前に名義変更が必要になるケース

車を廃車にしようとする際、その車が他人の名義になっているケースは意外と多いです。他人名義の車と聞くと不思議に思えますが、以下のようなケースが考えられます。

  • ローンで車を購入しており、まだ返済中である
  • ローンは完済しているが、その後の名義変更を行っていない
  • 未成年のときに車を購入したため、親名義で登録されてる
  • 知り合いから車を譲ってもらったが、名義変更はしていない
  • 亡くなった家族名義の車を処分する

これらのケースでは、名義変更が行われていないため、車の使用者があなたでも所有者は別の人になっていることがあります。車の所有者が誰になっているか確認するには、車検証を見ればすぐに分かります。

必要な書類さえ用意すれば、その車の名義をあなたに移すことはできます。なお、他人名義の車を廃車にする場合は、「名義変更」と「抹消登録」を同時に進めることになります。この手続きを「移転抹消」と言います。

転入抹消登録と移転抹消登録の違いを理解する

移転抹消登録

移転抹消登録とは、移転登録(車の名義や住所を変更する手続き)と抹消登録(廃車手続き)を同時に行うときの手続きです。

たとえば、車を友人から譲ってもらうケースがあります。本来であれば、そのときに名義変更をする必要があります。しかし、名義変更をしていない場合は、あなたが車を使っていたいとしても、名義は「友人」になっています。

このようなケースで車を廃車にするときは、車の所有者を友人からあなたに変更し、その上で廃車手続きをすることになります。実際には2つの手続きを同時に進めるため、「移転抹消登録」と言うのです。

また、基本的には、車検切れの車は名義変更することができません。しかし、廃車することが前提であれば、車検が切れている車でも名義を変更することができます。

転入抹消登録

引っ越してすぐに廃車手続きを行うことがあります。まだ、車検証の住所変更を行っていない段階での廃車ということです。この場合は、移転登録(住所変更)と抹消登録(廃車手続き)を同時に行うことになります。この手続きを「転入抹消登録」と言います。

 

移転抹消登録と転入抹消登録は、移転登録と抹消登録がいっしょになっているわけではありません。ただ、廃車することが前提になるため、2つの手続きを同時に進めることができるのです。そうすることで、手続きにかかる時間や書類の用意を簡単にすることができます。

移転抹消登録と転入抹消登録の手続きの仕方

ここからは2つの手続きの進め方について説明します。

どちらの手続きも、運輸支局で手続きを行うことになります。車検証にある「所有者の住所地」を管轄する運輸支局になりますから、間違えないように注意してください。

移転抹消登録に必要な書類は、以下のとおりです。

【移転抹消の必要書類】

  • 車検証(自動車検査証)
  • 譲渡証明書
  • 旧所有者の印鑑証明書(発行から3ヵ月以内のもの)
  • 旧所有者の委任状
  • あなたの印鑑証明書(発行から3ヵ月以内のもの)
  • あなたの委任状
  • リサイクル券
  • ナンバープレート
  • 自賠責保険証明書
  • 廃車申請書
  • 自動車税・自動車取得税申告書
  • 登録印紙

 

移転抹消登録をするときは廃車が前提になります。ですから、通常のときの抹消登録と違い、車庫証明書は必要ありません。

転入抹消登録のときに必要な書類は、上記のもの(移転抹消登録の必要書類)とほとんど変わりません。ただし、譲渡証明書や委任状は必要なくなります。また、住所が変わったことを証明するために住民票が必要になることがあります。

車を譲り受ける場合は、名義変更を必ず行う

車を譲り受ける場合は、名義変更をしなければいけません。これは、「譲る人」「譲り受ける人」どちらの責任でもあります。

名義を変えずにそのままにしておくと、自動車税などの請求が前の使用者のところに行ってしまいます。なぜなら、自動車税は「車の所有者」に課税されるからです。そのため、車を譲った人は、使用していないにも関わらず自動車税を請求されることになり、これはトラブルに直結する可能性が高いです。

したがって、このような場合は、車の所有者名義を必ず変更しなければいけません。そのままにしておくと、他にもいろいろと面倒なことになるので注意してください。

おわりに

名義や住所が違う車を廃車にするときは、それなりに時間と手間がかかります。ただ、必要書類(印鑑証明書、委任状、譲渡証明書)などを用意すれば、廃車手続きといっしょに進めることができます。

ただ、どうしても時間の取れない人もいるかと思います。その場合は、廃車業者に手続きを含めてすべて依頼するのが簡単です。手数料はかかりますが、手続きも確実に行ってもらえます。

また、買取業者のなかには、廃車にするような車(故障車、不動車、古い車)でも買い取ってくれるところがあるようです。そのような業者が見つかれば、手続きをすべて任せることができますし、場合によっては現金化することも可能です。これが最も賢い廃車方法と言えると思います。

コメントは受け付けていません。