車を廃車したら自動車保険の中断証明書を取得しよう!

車を手放すときは、それまでに加入していた自動車保険はどうするのでしょうか。

その場合、解約も考えられますが、しないほうが良いケースもあります。とくに何年かしてまた車に乗る可能性のある場合は、解約せずに「中断証明書」を取得しておくと良いです。

この手続きをしておくと、再び車に乗るようになって自動車保険が必要になったときに、中断したときの保険等級と引き継ぐことができます。そのほうが新規で保険に加入し直すより保険料が安くなります。

そこで今回は、自動車保険の中断証明書の取得方法について説明したいと思います。

自動車保険の中断証明書を取得する方法

車を廃車にすると自動車保険は必要なくなります。また、転勤などで長期に渡って車を使用しなくなる場合も同じです。この場合、自動車保険を解約するも良いですが、慎重に検討する必要があります。

何年後かに再び車に乗るようであれば、解約するのではなく、自動車保険は「中断」しておくことをおすすめします。そうすれば、車にまた乗るときに、以前の保険等級を引き継ぐことができます

それには「中断証明書」が必要になります。中断証明書を保険会社から発行してもらうには、以下の条件を満たしている必要があります。

自動車保険を中断するときの条件

  • 保険の解約日または満期までに、業者への手続きが済んでいる
  • 車検が切れている状態であること
  • 抹消登録が完了していること
  • 中断時の保険等級が7等級以上あること

これらの条件を満たしていれば、基本的には中断証明書が発行されます。この手続きをしておくと、最長10年間は中断時の保険等級をいつでも引き継ぐことができます。なお、保険だけを解約したり保険を譲渡したりする場合は、中断手続きはできません。

自動車保険の中断処理に必要な書類

中断証明書を発行してもらうには、以下の書類が必要になります。

  • 一時抹消登録証明書(もしくは譲渡・返還したことを証明できる書類)
  • 保険証券

これらの書類を保険会社に郵送して手続きを行います。書類などに不備がなければ、中断証明書が発行されます。

再度任意保険に加入するときの手続き

自動車保険の中断が有効なのは10年間です。その間であれば、中断証明書を使って任意保険に再び加入することができます。その際、中断したときに等級を引き継げるため、保険料はその等級が反映された金額になります。

自動車保険を中断すると、再び任意保険へ加入するときに以前の等級を引き継げます。さらに、等級の引き継ぎは他社でも可能です。たとえば、中断する前はA社の保険に加入してたとします。しかし、中断を解除して再び任意保険に加入するときはB社でも問題ありません。中断証明書さえあれば、保険会社がどこであっても等級を引き継ぐことができるのです。

中断証明書を使うときの条件

中断証明書を使って自動車保険に加入する際は、車検証と運転免許証、中断証明書があれば、ほとんどの場合は問題なく手続きを行えます。しかし、いくつか条件があるため、それについて理解しておきましょう。

中断証明書を使って任意保険を再開するときの条件

  • 中断処理を行ってから10年以内であること
  • 新しい自動車を買ってから1年以内に加入すること(1ヵ月以内の場合もある)
  • 保険の名義人が一緒であること
  • 車の用途や車種の区分が同じであること

中断証明書を使って自動車保険を再開させるときは、これらの条件をクリアしなければいけません。場合によっては以前の等級を引き継げない可能性があるため、保険を再開するときは事前に条件を確かめておくと良いです。

また、親の中断証明によって、その子どもが自動車保険に入ることもできます。いずれにしても、等級が高いときに中断証明書を取得することで、再び任意保険に入るときにその等級を引き継げます。ですから、新規で保険に加入する必要がなるなるため、保険料も高い等級のときの金額を引き継げます。

自動車保険の中断処理の特徴まとめ

ここまで、任意保険の中断処理について解説してきました。ここでポイントをまとめます。

車を廃車や売却、譲渡する場合、その後、車にもう二度と乗らないケースがあります。その場合は、任意保険を解約しましょう。車に乗らないのに保険に加入している必要はありません。解約が遅れると無駄に保険料が発生するので早めに対処するべきです。

しかし、車を手放しても、また乗る可能性がある場合は、解約せずに「中断処理」をおすすめします。中断処理とは、任意保険に加入していない間でも保険等級を10年間保つことができる手続きです。

たとえば、5年間の海外赴任をする場合、車の税金などを一旦ストップうるために、一時抹消登録を行います。そうすれば、その車をまた使うときまで自動車税や自賠責保険料を払う必要はなくなります。

これと同時に、任意保険の中断処理も行います。海外赴任から戻ってきて、その車をもう一度使い始めるとき、中断証明書があれば、以前の等級から保険をスタートすることができます。ですから、わざわざ新規加入して高い保険料から始める必要がなくなるのです。

さらに、保険会社に指定はないため、どこの保険に加入しても等級は引き継がれます。一旦車を手放しても、また乗る可能性がある場合は、任意保険を解約するのではなく、中断証明書を取得するのが賢い方法です。

コメントは受け付けていません。