ディーラーで廃車を依頼したときの費用相場はいくら?

車をディーラーで下取りしてもらうとした際、その車に価値が付かなくて廃車を依頼するケースがあります。そのときの代行費用はいくらかかるのでしょうか。

廃車費用は、手続きの種類によって異なります。ここでは、廃車をディーラーに依頼したときにかかる費用について解説します。

永久抹消登録の場合

永久抹消登録とは、その車を解体して、完全に使えない状態にする手続きのことです。その際の費用は、以下のとおりです。

永久抹消登録をディーラーに依頼するときの費用

  • 引き取り費用  0~30,000万円程度
  • 解体費用    0~30,000円程度
  • 手続き代行費用 10,000~20,000円程度

これらの費用を合計すると、10,000~80,000円になります。

このときのポイントは、「車が動くか」という点です。事故や災害などで車が動かなくなってしまった場合は、ディーラーにお願いをしてレッカーしてもらいます。もちろん、それには費用がかかります。

しかし、まだ動く車の場合は、自走してディーラーに持ち込むことができます。その場合は、「引き取り費用」がかかりません。また、車種などによっては、部品に価値があって費用が前後する可能性もあります。

一時抹消登録の場合

一時抹消登録は、一旦登録上は廃車にしますが、解体してスクラップにすることではありません。車はそのままの状態で保管しておき、再登録を行えば、また公道を走らせることができます。

一時抹消登録の費用は、以下のとおりです。

一時抹消登録をディーラーに依頼するときの費用

  • 引き取り費用  0~30,000円程度
  • 手続き代行費用 10,000~20,000円程度
  • 申請費用    350円

これらの費用を合計すると、10,350~50,350円程度になります。

ディーラーによって、引き取り代金に手続き代行費用を含めるケースもあります。また、自賠責保険料や自動車税の還付にかかる手数料が、別途必要になる場合もあります。手数料に関しては、依頼するディーラーによって異なるため、事前に確認しておきましょう。

 

【抹消登録費用】(ディーラーに依頼する場合)

  • 永久抹消登録 10,000~80,000円程度
  • 一時抹消登録 10,350~50,350円程度

廃車手続きをディーラーに依頼する場合、手数料や手続き費用として最低でも1万円以上はかかります。ディーラー側の人件費などのコストがかかりますから、これは当然と言えます。

ディーラーに廃車手続きを依頼するメリットとデメリット

実際のところ、ディーラーに廃車を依頼するのは得なのでしょうか。それとも他の専門業者などに依頼するほうが良いのでしょうか。

確かに、普段からディーラーでお世話になっている場合は、手続きをすべて依頼してしまうのが楽です。信頼関係もありますし、何よりも手続きが非常にスムーズです。

しかし、ディーラーに廃車手続きを依頼する場合は、数万円の費用がかかってしまいます。ですから、そのことを十分に承知して依頼するようにしましょう。まだ、自走できる程度の車であれば、自分でディーラーに持ち込むようにしましょう。それだけで数万円の節約になります。

廃車費用をタダにする方法はあるの?

それでは、廃車にかかる費用をできるだけ節約する方法はあるのでしょうか。

実は、廃車にするような車でも、状態によっては業者に買い取ってもらうことも可能です。普通の中古車なら「売ろう!」と考えるとおもいますが、「廃車を売る」という発想はなかなかないと思います。しかし、現実にそのような業者は存在します。

低年式車(古い車)や長い間ガレージなどで放置していた車など、「廃車にするしかない」と考えるのが普通です。しかしながら、探せばそのような車でも買い取ってくれるところが見つかるはずです。

廃車にするような車でも、エンジンなどの部品ごとに見れば、まだ使えるところが残っています。ですから、ボロボロな車でも、部品としての価値があるのです。

また、使える部品をすべて取り外したあとでも、その車はスクラップ(鉄くず)としての価値があります。実際に、業者間ではスクラップのみで取り引きがされています。

つまり、一見廃車にするしかないような車でも、持っていくところによっては十分に価値が生まれるのです。ですから、廃車にするような車は、「どこの業者に持っていくか」ということが非常に重要になります。

どこの業者に持っていけば良いのか

それでは、どこに持っていけば、廃車にするような車でも買い取ってもらえるのでしょうか。

はずは大手の買取業者に査定をしてもらうと良いです。もし買取り価格がつけばラッキーです。また、価格が付かなかったとしても、無料で引き取ってもらえる可能性もあります。廃車費用を払うのと比べれば、数万円も得したことになります。また、手続きなども業者にすべてお任せできるので楽です。

ただし、買取業者によって、その車をどのように評価するかわかりません。ですから、できるだけ多くの業者に査定をしてもらうことをおすすめします。

業者のなかには、廃車にするような古い車・不動車などを専門に扱っているところがあります。そのような業者は、一見売るのが難しいと思われる車でも、上手に利益に変えるための販路を持っています。ですから、商売としては十分に成り立つのです。

売り手からすると、そのような業者に引き取ってもらったほうが、買取り価格が高くなる可能性があります。ですから、ボロボロな車・不動車を手放すときは、どこの業者に依頼するかが重要になります。

ディーラーに廃車を依頼するのはアリ?

ここまでの説明で、廃車手続きをディーラーに依頼するときのメリットとデメリットについて理解できたかと思います。

普段からメンテナンスや車検、車の買い替えなどで良く使っているディーラーがあれば、そこに廃車を依頼するのもアリです。わざわざ依頼業者を探す手間がかかりませんし、手続きなどもすべて任せられるので楽です。

しかし、当然ながら、手数料などに数万円の費用がかかります。ほかの廃車業者に依頼するよりディーラーに依頼するほうが割高になることがほとんどです。

ですから、費用を節約するためには、その車を買い取ってくれる業者を探すべきです。そうすれば、廃車に費用を負担するどころか、買取り価格がついて現金を受け取ることができる可能性もあります。これが、廃車にするような車を手放すときに最も得をする方法になります。

コメントは受け付けていません。