車の所有車が死亡したときの廃車手続きの方法

家族が不慮の事故などで亡くなってしまった場合、その方名義になっている自動車はどのように廃車するのでしょうか。

車の所有者が亡くなってしまった場合でも、その車を廃車することはできます。ただ、これには相続が関わってきます。このページでは、亡くなった方の車を家族が廃車手続きを行うときの方法について説明します。

最も簡単な方法は買取り

このような場合、車の処分方法として最も簡単なのは、買取業者に買い取ってもらうことです。手続きなども代行してもらえるため、手間がかからずに確実です。

ただし、不用になった車が買取業者に買い取ってもらえない場合もあります。それどころか、逆に高額な処分費用を請求されるケースもあります。そのような場合は、車の相続人が廃車手続きを行うことになります。

亡くなった方の車を廃車にする方法

車の所有者がなくなってしまった場合、家族などが一旦その車を相続して、そのあとで廃車手続きをことになります。なぜなら、車も遺産相続の対象となるからです。ですから、亡くなった方の車は遺産品として扱われることになります。

遺産品として、他には預金通帳や土地、証券などがありますが、自動車も相続の対象になるのです。たとえその車が廃車にしなければいけない状態だとしても、遺産品として見なされるのです。

したがって、そのような車を廃車にするときは、「遺産分割協議書」と「相続権限のある人全員の実印・印鑑証明書」が必要になります。そうすることで、車の名義変更が可能になり、その後、廃車手続きを行うことができます。

ただし、相続をしておけば、事実上、名義変更をしていなくても廃車は可能です。その場合は、所有者が亡くなったことを証明したうえで、車の相続人が廃車の「代理申請」をすれば、手続きを進めることができます。

ただ、はやり車の相続は必要になりますから、「遺産分割協議書」は用意しなければいけません。その書類を用意すれば、代表者1人が車を相続したことになります。その上で、廃車手続きを代理申請で行いましょう。

その場合は、以下の書類がさらに必要になります。

  • 所有者が亡くなったことを証明するもの
  • 除籍謄本
  • 廃車する人が所有者の相続人であることを証明するもの
  • 戸籍謄本

この書類を用意することで、所有者とあなたをつなげることができます。なお、戸籍謄本に所有者が亡くなったことが記されている場合は、除籍謄本は不要になります。

所有者がなくなったときの廃車に必要な書類

  • 遺産分割協議書 ※相続権がある人全員の実印・署名が必要
  • 相続人全員の印鑑証明書 ※遺産分割証明書に押された実印のもの
  • 戸籍謄本 ※死亡した所有者との関係を証明するため
  • 除籍謄本 ※所有者が死亡したことを証明するため

その後の廃車手続きに必要な書類

  • ナンバープレート
  • 車検証
  • 印鑑証明書
  • 実印
  • 自動車リサイクル券
  • 移動報告番号と解体報告記録日のメモ書き
  • 申請書
  • 解体証明書
  • 自動車税・重量税申告書
  • 住民票 ※車検証にある住所と現住所が異なる場合
  • 戸籍の附票 ※車検証の住所から2回以上引越しをしている場合

これらの書類を用意すれば、亡くなった方の車を廃車することができます。必要な書類はかなり多いですし、手続きは複雑になります。廃車手続きは行政書士などの代行業者に依頼することも可能です。

何かと身の回りの整理が大変なときですから、まとめて代行手続きを依頼することも検討してみてはいかかでしょうか。

車の所有者がディーラーまたはローン会社になっている場合

ローン返済中の車ですと、所有者はディーラーまたはローン会社になっています。また、ローンを完済していても、そのあとで名義変更をしていなければ、所有者はディーラーまたはローン会社になったままです。

ですから、まずは車検証を見て所有者が誰になっているのかを確認する必要があります。所有者がディーラーまたはローン会社になっている場合は、廃車するには所有者の許可が必要になります。

その場合は、ローン会社またはディーラーに連絡をして、その旨を伝えましょう。廃車に許可が得られたら、所有者(この場合は、ディーラーまたはローン会社)から委任状と印鑑証明書、譲渡証明書を送ってもらいます。そうすれば、車の名義変更ができるため、廃車手続きも進められます。

ローンの返済中に事故などで車が壊れてしまった場合は、必要書類がそろえば廃車は可能です。ただし、ローンの残債が消えるわけではありません。ですから、廃車にしたあとで、ローンをそのまま完済する必要があります。

遺産相続をともなう廃車手続きまとめ

このように、亡くなった方名義の車を廃車するには、必要な書類や手続きが複雑になります。最も簡単で効率的なのは、その車を買取業者に引き取ってもらうことです。必要な書類さえ揃えれば、すべての手続きを代行してもらえます。

ただし、すべての車が買い取ってもらえるとは限りません。場合によっては、処分費用を請求されるケースもあります。その場合は、車の遺産相続を行ったうえで、廃車手続きを進めましょう。

ただし、このときに必要な手続きも、必要なものさえ揃えば、司法書士などの代行業者に依頼することもできます。何かと身辺整理に追われてるときでもあると思いますので、代行できる手続きは任せてしまったほうが楽です。ただ、もちろん手数料はかかりますから、そのことは理解しておきましょう。

コメントは受け付けていません。