廃車の手続きをした後でキャンセルすることは可能か

廃車にする際、「やっぱり廃車にするのはもったいない」と考え、手続きを取り消したいと思う人もいるのではないでしょうか。そもそも廃車のキャンセルは可能なのでしょうか。

永久抹消登録の場合は、取り消しが難しい

車が盗難にあって戻ってくる見込みがない場合や、災害で車が使えなくなってしまう場合があります。そのようなときは、永久抹消登録が必要になります。この手続きは、その車を形上も登録上も抹消することを意味します。

永久抹消登録の手続きをした場合、それを取り消すのは難しいです。なぜなら、永久抹消登録をする場合、事前に車を解体しておく必要があるからです。つまり、運輸支局で手続きを行うときは、すでに車は解体されてなくなっています。

ですから、永久抹消登録をする段階で廃車の取り消しを行っても、車が戻ってくることはないです。車の解体を依頼するときは、慎重に検討するようにしましょう。

一時抹消登録の場合は、取り消し可能

一時抹消登録も同じ「廃車手続き」になりますが、永久抹消登録とは内容が異なります。

たとえば、転勤が海外赴任など、自宅から長期間離れて暮らすことがあります。また、病気などで長い間入院することもあります。その場合、車をしばらく使わないという人もいます。

そのような場合に、一時抹消登録をすると良いです。なぜなら、車を使わない間の税金などを無駄に払う必要がなくなるからです。

この手続きでは、登録上は「廃車」となりますが、車自体を解体するわけではありませえん。ですから、再登録さえ行えば、車をまた使うことができます

したがって、一時抹消登録は書面上だけの手続きになりますから、キャンセルすることは可能です。

ただ、一旦、一時抹消登録が受理された場合は、取り消すのが難しくなります。その場合は手続きをキャンセルするのではなく、新しいナンバーを取得することになります。そうすれば、その車に再び乗れるようになります。

廃車手続きから再登録するときの流れ

前述のとおり、永久抹消登録の場合は、車はすでに解体されているため、再登録することはできません。しかし、一時抹消登録の場合は、再登録することが可能です。そのときの手順は、以下のとおりです。

自動車の新規検査を受ける(安全性の調査)

  • 普通自動車の場合は「運輸支局」
  • 軽自動車の場合は「軽自動車検査協会」

で新規検査を受けることができます。

再登録といっても、車両の「新規登録」とやることは変わりません。必要な書類も同じです。ただし、一時抹消登録した際に、「抹消登録証明書」をもらっているはずです。この書類も再登録時に必要になります。

再登録に必要な費用

一時抹消登録をした場合でも、再び登録すれば車に乗ることができます。ただし、それには費用がかかります。再登録に必要な費用は、以下のとおりです。

  • 新しいナンバープレートの交付費用 4,000円程度(希望ナンバーや特殊プレートを希望する場合は、別途料金がかかります)
  • 自動車税(車種によって異なります)
  • 重量税(車の重さによって異なります)
  • 自賠責保険料(車種によって異なります)

再登録と言っても、新車登録と同様に、その車の検査を行い、新規登録することになります。ですから、やっていることは新規で登録することと変わりません。

廃車手続きの取り消しについてのまとめ

ここまで廃車のキャンセルや再登録するときの費用について解説しました。ここまでのポイントをわかりやすくまとめます。

廃車手続きの種類を理解しよう

廃車手続きには、大きく分けると「永久抹消登録」と「一時抹消登録」の2種類があります。

永久抹消登録

車を解体スクラップにした上で、車両登録を抹消すること

一時抹消登録

車を解体せずに、車両登録のみを抹消すること

登録上の抹消はどちらの手続きも変わりません。しかし、その車を解体するかしないかは大きな違いです。廃車手続きを行う際は、この違いについてしっかり理解しておく必要があります。

廃車のキャンセルは可能か

永久抹消登録の場合

永久抹消登録の手続きを行うには、車を事前に解体する必要があります。解体したことを証明できないと、永久抹消登録はできません。つまり、永久抹消登録の手続きを行う段階では、すでに「車はない」ということになります。したがって、永久抹消登録の取り消しは、実質、不可能になります。

一時抹消登録の場合

一方、一時抹消登録の場合は、車を解体するわけではありません。ですから、一時抹消登録を取り消すことは可能です。

ただし、手続きをキャンセルするというよりも、「車両登録を再び行う」という表現のほうが正確です。一度抹消登録が受理されてしまうと、それ自体を取り消すことはできません。したがって、新車登録を同じように、再登録することになります。そうすれば、その車にまた乗ることができます。

車の再登録にかかる費用

再登録と言っても、新車登録とやることは変わりません。ですから、費用としても、そのときと同じものがかかります。具体的には、ナンバープレートの交付費用や自動車税、車両重量税、自賠責保険料などです。

一時抹消登録すれば、車に乗らない間の税金は払わずに済みます。ただ、再登録するときには登録費用がかかりますから、そのことは理解しておいてください。

コメントは受け付けていません。