バイクを廃車にするときのかかる費用と税金

事故でバイクが壊れてしまったり、故障してしまったりした場合、バイクの廃車を考えると思います。その際に、費用はいくらかかるのでしょうか。

ここでは、バイクの廃車費用について解説したいと思います。

バイクの廃車手続きの流れ

バイクを廃車にするときは、以下の手順で進めてください。

  1. 登録申請書類や車検証、ナンバープレートを持って、運輸支局で手続きを行う
  2. 廃車証明書もしくは一時抹消登録証明書をもらう
  3. 解体業者にバイクの処分を依頼する

この流れのとおりに進めれば、バイクを廃車にすることができます。必要な書類は、バイクの種類によって異なる場合があるため、事前に聞いておくと良いです。

バイクの廃車を業者に依頼する場合

バイクの廃車手続きを業者に代行してもらう場合は、手数料として5,000~10,000円程度かかります。

しかし、バイクの廃車手続きは自分で行うこともできます。手続き自体もそれほど難しくありません。そうすれば手数料もかからないため、自分でやってみることをおすすめします。

バイクの解体にはいくらかかる?

実は、解体業者に依頼をすれば、バイクを無料で引き取ってもらうことができます。たとえば、そのような業者は、以下のようなところがあります。

【バイク解体業者】

  • 解体を専門で行っている業者
  • 海外輸出の専門業者
  • 産業廃棄物の処理業者(スクラップ業者)

どこの業者を利用したとしても、バイクの解体処理には費用がかかりません。万が一、費用を請求されるようなことがあれば、そこは利用しないほうが賢明です。

ただし、注意しておきたいのは「運搬費用」です。前述のとおり、バイクを解体するには、事前に運輸支局で廃車手続きを行うことになります。廃車手続きを行うとナンバープレートを外すため、バイクを公道で走らせることができなくなります。したがって、バイクの解体を依頼する場合、そのバイクを引き取ってもらう必要があります。この運搬費用は請求されるケースがほとんどです。

自動車リサイクル促進センターとは?

バイクの廃車を依頼する場合、どこの業者に頼めば良いのか迷ってしまうと思います。そのようなときは、「自動車リサイクル促進センター」を利用することをおすすめします。そこでは、バイクを正しく解体処分してくれる業者を紹介してくれます。また、バイクの引き取り場所も教えてくれます。バイクを自分で持ち込みさえすれば、無料で解体を依頼することができます。

なぜバイクの解体は無料で依頼できるのか?

自動車の場合、廃車にするには費用がかかります。たくさんの部品などで構成されている車は、解体処理に手間がかかるからです。また、エアコンのフロン類やエアバックの処理にも特殊な方法が必要になります。ですから、車の解体方法は「自動車リサイクル法」で厳しく定められています。

しかし、バイクの場合は、カウルやシートなど以外は、ほとんどが「鉄の塊」です。車に比べて非常にシンプルな作りをしているため、解体にも手間がかかりません。また、リサイクルするための費用を負担することもありません。ですから、バイクの処理には費用がかからないのです。

ちなみに、解体業者はバイクの処理を以下のような手順で行っています。

【バイク解体の流れ】

  1. バイクを部品ごとに分解する
  2. リサイクルできるものを分類する
  3. 鉄の部分をスクラップにする
  4. スクラップ(鉄くず)として販売する

このように、バイクの解体にはそれほど手間がかかりません。さらに、部品や鉄くずとして販売すれば利益を得ることも可能です。また、壊れたバイクでも、そのまま海外へ輸出することもあります。そのようなバイクでも修理をすれば、再び乗ることは十分に可能です。ですから、廃車にするようなバイクでも、「商品価値」があるということです。

交渉次第で廃車にするバイクを売ることも可能

解体業者や貴金属を取り扱う業者のなかには、不用になったバイクを持ち込むと、値段をつけて買い取ってくれることがあります。ちなみに、バイクの買取専門店や販売店が無料で引き取ってくれるケースもあります。

なぜなら、引き取ったバイクを専門業者が買い取ってくれるからです。ですから、廃車にするバイクを引き取ることで利益を得れるのです。

しかし、個人で解体業者に持ち込む場合は、抹消登録などは自分で行うことになります。手続き自体を業者に代行で依頼することもできますが、その場合は手数料を請求されます。

バイクの買取り専門業者を利用するのがベスト

業者のなかには、バイクの買取りを専門で行っているところがあります。そのような業者に持っていけば、「引き取り」「廃車手続き」などはすべて無料で対応してくれます。

このような業者は、解体業者やスクラップ工場など、さまざまなところを提携しています。そのため、無料で引き取っても利益に替えることができるのです。解体業者に自分で直接持ち込むこともできますが、その場合は費用がかかることがあります。ですから、買取り専門業者に依頼するのが一番賢い方法です。

まとめ

バイクを廃車にするときの費用は、5,000~10,000円程度の代行手数料がかかります。バイクの解体自体は無料で行ってくれます。しかし、引き取り・運搬には費用がかかることがあります。

ただ、バイク買取り専門業者に依頼をすれば、これらをすべて無料で対応してくれます。ですから、「バイクを処分したい」という人には非常に便利です。そのバイクの状態や業者によっては、値段をつけて買い取ってくれることもあります。

バイクの廃車にはさまざまな業者が関わっています。依頼するところによって対応は異なります。上記の説明を参考にして、できるだけ損をしないように業者選びをしましょう。

コメントは受け付けていません。